meet 住みたい街に出逢える。

Powered By 日本エスリード

スポット

近畿全域(大阪・兵庫・神戸・奈良・京都・滋賀)を中心に
親子で楽しめるレジャースポットやお店、遊び場をご紹介します。

大阪府 東大阪市

【東大阪市】文学の街で穏やかに暮らす魅力~近鉄河内小阪駅エリア~

親子(手つなぎ)

2019年・ラグビーワールドカップの開催地のひとつ、『花園ラグビー場』を擁する東大阪市。

ラグビーの印象が強いエリアですが、東大阪市の近鉄河内小阪駅周辺は『文学の街』でもあります。
エリア内には、司馬遼太郎や田辺聖子といった著名な作家の記念館や東大阪市の歴史をたどる博物館などがあります。

そこで今回は、そんな近鉄河内小阪駅周辺の見どころをご紹介します。

スーパー

文学の街ゆえの“穏やかな居住環境”が魅力の小阪エリア

東大阪市の近鉄河内小阪駅周辺は、文学の街ゆえに街全体が落ち着いた雰囲気。穏やかで暮らしやすい居住環境が広がっています。ファミリー層も多く暮らしているので、子育てに向いているエリアだと言えるでしょう。

また、エリア内には大学や専門学校が多数。学生さんが多いので、落ち着いているとはいえ、活気にも溢れています通学時間や帰宅時間には学生さんの楽しそうな笑い声が街に響きます。

駅から徒歩圏内にはスーパーやコンビニもたくさんあるので、日常の買い物が便利なのも嬉しいポイント。

このほか、近鉄河内小阪駅エリアは、交通アクセスの良さも高ポイント。近鉄奈良線の準急が止まるので奈良市内や大阪市内に一本でいけます。通勤や通学に便利です。

文豪・司馬遼太郎氏も愛した小阪の街

暮らしやすい居住環境と利便性が揃う近鉄河内小阪駅エリアは、かつて、かの有名な文豪・司馬遼太郎氏が愛した街でもあります。小阪駅周辺を歩いてみると、随所にその片鱗が見えてきます。

近鉄河内小阪駅からすぐのスカイドーム小阪本通り商店街の入り口には、「司馬遼太郎記念館」の大きな看板が。そして、看板に従って商店街を進んでいくと、小阪の名所のひとつ司馬遼太郎記念館があります。

司馬遼太郎氏といえば、「竜馬がゆく」「功名が辻」「坂の上の雲」などの名著を残した日本を代表する文豪のひとり。司馬遼太郎氏は、1964年から1996年に逝去するまで、小阪の街に暮らしていたのでした。庶民的ながらどこか文化の香りが漂う街の雰囲気に、司馬遼太郎氏も惹かれたのかもしれませんね。

  • 小阪の名所といえば、司馬遼太郎記念館

司馬遼太郎記念館

司馬遼太郎記念館は、氏の精神を伝えるべく2001年にオープンした施設です。ファンにとって愛着の湧くスポットになっているのはもちろん、安藤忠雄建築の記念館は見た目にもとても美しく、近隣住民にとっての憩いのスペースにもなっています。中にはカフェスペースもあるので、散策の寄り道にもぴったりです。

住所:〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪3丁目11番18号
電話番号:06-6726-3860
開館時間:10:00~17:00(入館受付は16:30まで)
休館日:毎週月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)、9/1~9/10、12/28~1/4
料金:大人500円、高・中学生300円、小学生200円(20名以上の団体は入館料が2割引)
公式サイト:http://www.shibazaidan.or.jp/

散策にもおすすめ!そのほかの小阪エリアおすすめ文学スポット

司馬遼太郎記念館のほかにも、住民から人気の文学スポットがあります。小阪エリアに住んだら、休日の散策ルートに入れるのも良さそうですね。

  • 大阪樟蔭女子大学 田辺聖子文学館

田辺聖子文学館は、樟蔭女子専門学校(現・大阪樟蔭女子大学)国文科を卒業し、芥川賞をはじめ数多くの文学賞を受賞した女流作家・田辺聖子の文学館です。こちらの施設は、大阪樟蔭女子大学の図書館内に設けられています。田辺聖子氏の作品が楽しめるのはもちろん、その半生やあたたかい人間性など、田辺ワールドに触れることができます。

住所:〒577-8550 東大阪市菱屋西4丁目2番26号 大阪樟蔭女子大学 図書館内
電話番号:06-7506-9334
開館時間:9:00~16:30
休館日:日曜・祝日、大学の休業日(夏期・冬期・学年末休業日など)
入場料:無料
公式サイト:http://bungakukan.osaka-shoin.ac.jp/

 

  • 谷岡記念館

谷岡記念館

谷岡記念館は、学校法人・谷岡学園内にある施設です。学校内の施設ですが一般開放されており、2・3階に大阪商業大学商業史博物館があります。
2階には、「天下の台所」として栄えた商都大阪の歴史を当時の商業用具や古文書を使って展示解説した商業史資料室が。3階には、河内の稲作と河内木綿をテーマに展示解説している郷土史料室があります。自分が生まれた土地の歴史や成り立ちを知るにはぴったりの場所と言えるでしょう。歴史への興味が強いお子さんの課外学習にもいいですね。

公式サイト:https://ouc.daishodai.ac.jp/campusmap/kinenkan.html

落ち着いた町並みの中で穏やかな暮らしを望む方には、近鉄河内小阪駅エリアはおすすめです。お引越しを検討中の方はぜひ一度街を訪れてみてはいかがでしょうか。

meetのメールマガジン登録

meetには”子育て・教育環境・地域・住まいの基本知識”に関する幅広い情報が盛りだくさん。意外と知らないスポット情報や育児のことなど、ご登録いただくといち早く最新記事がご覧いただけます。

メールマガジン登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

住みたい街のおすすめ情報をお届け!

スポットに関する
あなたにおすすめの記事

その他のおすすめの記事