住まいの基本知識

物件の選び方や、住宅ローンの組み方などの住宅購入に関する
基本的な知識や暮らしの雑学・知識をご紹介します。

マンションに入居・引っ越した際の「ご近所挨拶」マナー

マンションを購入し、引っ越しが完了すれば、新しい生活が始まります。新生活を快適なものにするには、ご近所と良い関係を築くことが不可欠です。

今回は、マンションに入居・引っ越した際の「ご近所への挨拶」についてご紹介します。

ご近所挨拶は、自分たち家族を知ってもらうことから始める

ご近所への挨拶を、難しく考える必要はありません。挨拶の本来の意味は「自分の心を開き、相手の心に近づく」ということ。まずは、自分たち家族を知ってもらうことから始めましょう。特に子どもがいる場合や、これから子どもが生まれる予定があるのであれば尚更です。挨拶をする際、「小さい子どもがいるのでうるさいかもしれません」「ピアノを習っているので音が響くかもしれません」など、こちらの状況を一言添えておきましょう。顔を見て、あらかじめ直接伝えておくだけで今後の印象が随分と異なります。

もし、相手側にも同じぐらいの年齢の子どもがいれば、より一層親しくお付き合いできる可能性もあります。とはいえ、あまりに踏み込みすぎるのは厳禁。「ご近所」ということは、嫌な思いをしたとしても、そう簡単には離れることができないということでもあります。また、最初の挨拶で失敗してしまうと、後々まで響きます。その点を踏まえ、当たらず触らずの距離を意識することも必要です。特に、政治・宗教・お金に関する話題は、最初の挨拶だけでなく、なるべく避けた方が無難といえます。

遅くても3日以内に!「5W1H」で見る「ご近所挨拶」の注意点

では、ご近所への最初の挨拶、具体的にどのようなことに注意すれば良いのでしょうか?「5W1H」で見ていきます。

・Who(誰が) 

ご近所付き合いは家族単位が基本。家族全員で挨拶に伺いましょう。

・What(何を)およびHow(どれぐらいの)

いわゆる「消え物」をお持ちしましょう。ある程度日持ちのするお菓子が一般的に喜ばれます。ちなみに、金額は1,000円程度が良いでしょう。お互いに気を使わない程度の金額にすることがポイントです。

・When(いつ)  

引っ越し次第、すぐ伺うのが理想ですが、遅くても3日以内には挨拶を済ませておきましょう。時間帯は、相手のご家族にもお会いできるよう、夕食後の7時~9時頃を目安に。

・Where(どこ) 

両隣と上下のお部屋は必須です。また、ワンフロアの世帯数が10軒より少なければ、すべてのお部屋にご挨拶しましょう。少なければ、それだけ日常生活で密接にお付き合いする可能性が高いからです。

・Why(なぜ) 

生活する上で、ご近所にお世話になったり、ご迷惑をおかけしたりすることは必ず起こり得ます。万が一、何かトラブルが起きたとき、「顔を知っている」「どのような家族か知っている」ということは、大きなメリットになります。これから避けては通れないご近所付き合いを円滑にスタートさせるため、最初の挨拶は欠かせません。

入居・引っ越し後は、まずはご近所挨拶を。これが鉄則!

マンションを購入し引っ越すというイベントは、人生でそう多く起こることではないでしょう。ある意味、「家族の生活をリセットするタイミング」でもあります。その貴重な機会に「世間を狭くしない」ように意識しましょう。なんとなく挨拶に行きそびれてしまったために、マンション内で顔を合わせづらいというのは馬鹿馬鹿しいことです。何をおいても、入居・引っ越し後はご近所に挨拶を。これを最優先させてください。

「遠くの親戚より近くの他人」という言葉があります。ご近所とは今後、助けたり助けられたりといった、良いお付き合いをしていくことが理想です。その大切な関係をスタートさせるのが最初の挨拶なのです。気負う必要はありませんが、しっかりと相手の心に近づける挨拶を心がけましょう。

この記事を書いた人

城戸景子

イメージコンサルタント・ビジネスマナー講師

2008年よりミューズ・ブランディング・アカデミー株式会社代表の谷澤史子氏に師事。ビジネスパーソンのイメージコンサルティング、ビジネスマナーを学ぶ。2009年、STUDIO STELLAを開設。現在、ビジネスパーソンのイメージ戦略として、「見た目」と「ビジネスマナー」を向上させるコンサルティングを実施している。

■HP:http://www.stella.image-consulting.jp

meetのメールマガジン登録

meetには”子育て・教育環境・地域・住まいの基本知識”に関する幅広い情報が盛りだくさん。意外と知らないスポット情報や育児のことなど、ご登録いただくといち早く最新記事がご覧いただけます。

メールマガジン登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

住みたい街のおすすめ情報をお届け!

住まいの基本知識に関する
あなたにおすすめの記事

その他のおすすめの記事