住まいの基本知識

物件の選び方や、住宅ローンの組み方などの住宅購入に関する
基本的な知識や暮らしの雑学・知識をご紹介します。

月1回の掃除で清潔に!マンションのバルコニーをきれいに保つ方法

普段からバルコニーをきちんと掃除していますか?せっかく部屋の中をきれいにしていても、バルコニーが汚れていては室内から見える景観が台無しに。それに、窓を開けたときにバルコニーに溜まった汚れが部屋に入ってくることもありえます。

 

また、放置した汚れやゴミが原因で排水口が詰まってしまえば、自宅のバルコニーが水浸しになるだけではなく、あふれ出た水が漏れて下の階や隣の部屋に住む人に多大な迷惑をかけてしまう可能性も。

 

これからマンション住まいを始めるのであれば、バルコニーも常にきれいにしておきましょう。

新聞紙や重曹を活用!バルコニーの掃除手順

バルコニーの汚れで多いのは、雨風で飛んできた砂ぼこりや葉っぱ、ゴミなど。他には、ガーデニングの土や、布団や洗濯物の綿ぼこりがバルコニーの溝や排水口に溜まっていることがよくあります。これらの汚れは時間が経つと取れにくくなるため、小まめに掃除しておいた方が賢明です。バルコニーは以下の手順で掃除していきましょう。

 

1.手すりを水拭きする
掃除の基本は上から下へ。まずは手すりから拭いていきましょう。できれば水拭きの後、除菌作用のあるアルコールで仕上げ拭きしてください。

 

2.ゴミを取り除く
箒(ほうき)と塵取り(ちりとり)で大きな汚れを取り除いたら、新聞紙を活用して砂ぼこりなどを細かな汚れを掃除します。水で濡らして軽く絞った新聞紙を細かくちぎってバルコニーに撒いてください。新聞紙が砂ぼこりなどをからめ取ってくれるため、新聞紙ごと箒と塵取りで掃除しましょう。
そして、仕上げに重曹水(水1リットルに重曹50グラム)をバルコニーに撒き、こびりついた汚れをブラシで擦り落とします。重曹には研磨作用があるため、頑固な汚れに効果を発揮します。ただし、木材使用のバルコニー(ウッドテラス)の場合、重曹の使用は控え、中性洗剤を薄めて使用してください。素材が変色する恐れがあります。

 

3.排水口を掃除する
最後に、排水口内部の汚れを落とします。まずは重曹を排水口にたっぷりとふりかけ、その上からお酢を重曹の半量ほど回しかけます。そうすると、化学反応で炭酸ガスが発生し泡立ち始めます(※有害なものではありません)。この泡によって汚れが徐々に浮き上がってきますので、10分ほど放置してから最後はお湯で流してください。

なお、排水口内部に溜まったヘドロは重曹とお酢の力で分解されるため、定期的に実施することで詰まりの防止にもつながります。

箒と塵取り、ウエスを常備!バルコニーの汚れはすぐに取り除こう!

上記の手順できれいなバルコニーも、またしばらく放置すれば、汚れが自然と溜まっていきます。そうならないためにも、日ごろのメンテナンスが大切です。

 

そのポイントとしては、箒と塵取り、ウエスなどをバルコニーに常備しておくと良いでしょう。汚れに気がついたとき、その場ですぐに取り除くことで、バルコニーの掃除は格段にラクになります。

 

そして、もっとラクに掃除したいのであれば、バルコニーに「スロップシンク」が付いている物件を選ぶと良いでしょう。

掃除は月に1回、定期的に!きれいなバルコニーで暮らしを快適に

バルコニーが汚れていると、ゴミが室内に入ったり、洗濯物に付着したりしてイヤな思いをする羽目に。しかし、いつもバルコニーが清潔であれば、外へ出るのも快適で外気浴も気持ち良くできるでしょう。

 

掃除は月に1回、定期的に行うよう心掛け、きれいなバルコニーを保ってくださいね。

この記事を書いた人

中西直美

片付けアシスタント

平成25年、日本ハウスクリーニング協会にて整理収納清掃コーディネーター1級、認定セミナー講師を取得。平成27年3月、片付けアシストNaro(なろう)を立ち上げ、片付けアシスタントとして活動を開始。大阪を拠点に整理収納サービス、片付けや掃除に関するセミナー・講演を展開し、収納商品の企画開発にも携わる。整理収納サービスでは、本当に必要なモノだけを残し、モノを限界まで減らす片付け術で、散らかった部屋も快適な空間へと劇的に変化。また、風水を取り入れた運気アップの片付け術も好評。平成28年、関西テレビ放送「よ~いドン!」にも出演。

HP: http://kireini-naro.com/

meetのメールマガジン登録

meetには”子育て・教育環境・地域・住まいの基本知識”に関する幅広い情報が盛りだくさん。意外と知らないスポット情報や育児のことなど、ご登録いただくといち早く最新記事がご覧いただけます。

メールマガジン登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

住みたい街のおすすめ情報をお届け!

住まいの基本知識に関する
あなたにおすすめの記事

その他のおすすめの記事