住まいの基本知識

物件の選び方や、住宅ローンの組み方などの住宅購入に関する
基本的な知識や暮らしの雑学・知識をご紹介します。

掃除しやすいマンションとは?モデルルームでチェックすべき4つのポイント

おしゃれな住まいには誰だって憧れるもの。きれいにコーディネートされたモデルルームを見ると、思わず舞い上がってしまうことがありますが、いったん落ち着きましょう。

 

というのも、ただおしゃれなだけでは、いざ生活を始めてみると、掃除のしにくさにストレスを抱えてしまうことがあるからです。

 

では、掃除のしやすいマンションを見極めるには、どんなところに着目すれば良いのでしょうか?今回は、モデルルームを見学するときにチェックすべきポイントをご紹介します。

各ゾーンが広く、収納スペースが豊富なマンションは掃除しやすい

1.各ゾーンの広さ

 

同じ部屋面積でも、細かく仕切られているマンションより、ひとつひとつのゾーンが広いマンションの方が掃除しやすいでしょう。リビングをはじめ、各部屋や玄関などの広さを確認してください。また、バリアフリーであればロボット掃除機を使うこともできて、毎日の掃除が楽になります。

 

2.収納スペース

 

モノが散らかっていると、掃除がしにくくなって当然。床に直置きするモノが少なくなれば、掃除のしやすさは格段にアップします。リビングや各部屋、キッチンや洗面室に十分な収納スペースがあるか確認しましょう。

毎日使用する「水回り」のチェックも忘れずに!

3.キッチンの設備

 

上記2つに加え、さらにチェックしたいのが毎日使用する「水回り」。まずはキッチンですが、シンクと作業台が一体型のカウンターキッチンがおすすめ。シンクと作業台のつなぎ目がないため洗いやすく、掃除のストレスが軽減します。人工大理石など白い色味の素材を選べば、清潔かつスタイリッシュなキッチンが叶うはず。

 

また、調理のたびに汚れが気になるコンロも「ガラストップコンロ」ならお手入れは簡単。濡らしたタオルで拭くだけで汚れを落とせます。キャビネットは、引き出しがゆっくりとスムーズに閉まる「ソフトクロージング機能」が付いているタイプが良いでしょう。生ゴミを処理してくれる「ディスポーザー」も、設置されていればより便利です。

 

4.トイレ・バスルーム

 

トイレやバスルームのサイズは、ファミリーなら1418サイズ以上が目安。あまりに狭いと、掃除がしにくくなるだけではなく、くつろぎ感が損なわれます。

 

なお、浴室ではバスタブに関心が向きがちですが、洗い場の広さも確認を。それから、掃除しやすくカビがつきにくい壁材・床材であるかもチェックしましょう。

 

また、ミストサウナを設置するマンションが増えていますが、水道光熱費がさほどかからないうえ、よく温まって便利。美容上のメリットだけでなく、介護にも役立つ設備のため、要チェックです。

モデルルームを見学する際は、生活動線を確認しながらイメージしよう!

マンションは「人生で最も高価なお買い物」と言っても過言ではありません。せっかく手に入れたマンション、長くきれいに保ちたいですよね。

 

そのためには、掃除のしやすさは無視できません。モデルルームを見学する際にしっかりとチェックして、快適な住まいを手に入れましょう。実際に住むことを想定して、家族の生活動線を確認しながらイメージすることが大切です。

この記事を書いた人

高橋和子

掃除コンサルタント

整理収納・家事代行を手掛ける「フェリシア ラボ」代表。主婦歴25年の経験と、8回の転勤と10年間の両親の介護経験を生かして、女性の目線で「きれい収納」を提案。整理収納とエコ掃除術で日常生活をサポートしている。平成24年9月、一般社団法人日本エグゼクティブプロモーター協会を設立。整理収納・片付けの資格講座を開講中でリカレント(生涯学習)教育の推進している。テレビや新聞など、メディア出演実績も多数。■HP:http://felicia-lab.jp

meetのメールマガジン登録

meetには”子育て・教育環境・地域・住まいの基本知識”に関する幅広い情報が盛りだくさん。意外と知らないスポット情報や育児のことなど、ご登録いただくといち早く最新記事がご覧いただけます。

メールマガジン登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

住みたい街のおすすめ情報をお届け!

住まいの基本知識に関する
あなたにおすすめの記事

その他のおすすめの記事